撃退!巻き爪!

撃退!巻き爪!

ネイルの巻き爪にお悩みの方の対処法について

ネイルを楽しみたくても、巻き爪だから楽しむことができないという人も多いと思いますが、巻き爪は放っておかずにしっかり治していくことが大切です。
巻き爪とは、爪の端が巻いて内側に巻き込んでしまった状態のことをいいます。
爪が肉に食い込むため激しい痛みや炎症を起こしてしまいます。
痛みが悪化すると正しい姿勢であることとも困難になり、肩こりや腰痛などの症状も引き起こしてしまうため、軽度のうちに治療することをおすすめします。
対処法としては、軽度の場合にはセルフケアが可能です。
爪を四角にカットすることや入浴後などの爪が柔らかくなった時に、乾いた米粒程度に丸めたコットンをピンセットで爪の角と肉の間に入れるコットンパッキング、テープで皮膚を引っ張り離すテープングなども効果的です。
病院では軽度から重度の人までできる治療方法として、爪の端に専用のフック状のワイヤーを引っ掛けてフック状のワイヤーにループ状のワイヤーを引っ掛けてループ状のワイヤーを捻っていき爪のよう端を引き上げて形をまっすぐにするような方法もあります。
他にも様々な治療方法がありますが、自分の爪の状態によって治療方法は異なってきます。
出血や化膿しているという場合にはすぐに治療が必要です。  

巻き爪の原因と対策

巻き爪とは、足の指の爪が必要以上に巻いてしまい、足の指の肉にあたったり、食い込んだりしてしまう状態で、痛みや腫れ、化膿を起こしてしまい、重症になると歩くのも困難になってしまいます。
巻き爪の一番の原因は、深爪で、爪を深く切りすぎたことで、爪が指のわきの肉に食い込んでしまい、炎症を繰り返すうちに、巻き爪になってしまいます。
そのため、対策としては、正しい爪の切り方が大切です。
正しい爪の切り方は、爪の白い部分の長さが1ミリ残るくらいが理想的で、まっすぐに切るスクエアオフが大切です。
指の形に合わせて切るラウンドカットは、指の脇の肉がじゃまになってしまい、爪が前方にうまく伸びてくれずに、巻き爪の原因となってしまいます。
スクエアオフにした後は、角をひっかけたりしないように、爪ヤスリなどで整えるとよいでしょう。
日頃から予防するためには、なんといっても、爪の切り方が重要ですが、そのほかにも、足先を圧迫するようなパンプスやハイヒールを履き続けて、爪への負担が高い状態にすることを避けましょう。
治療するには、薬の使用や矯正、爪の除去などさまざまな方法がありますから、自分の状態にあった治療を受けるとよいでしょう。  

注目サイト

コースの種類が非常に充実しており、ビールとおつまみもおいしく食べられるお店です。

アンドモワ株式会社

歯科治療に抵抗がある方も、ぜひご相談ください。

徳島市の歯科を検索

成人から小中高生の方まで、マウスピース矯正・インビザライン対応しています。

マウスピース矯正を東京で相談

特徴的なカリキュラムや、入試について等各種情報をご覧いただけます。

国際教養学部 大学

トップネイリストが指導、施術しており最先端のネイル技術を、低価格でお楽しみ頂けます。

札幌でネイルを綺麗に

忙しくて時間がない方でも診療可能な心斎橋の歯科

歯科 心斎橋

2016/12/8 更新